top of page

【毎週ひでトーク】学校では教えてくれない「税調会議」

音声配信はコチラから



おはようございます。衆議院議員の川崎 ひでとです。

今日も「毎週ひでトーク」を聴いていただきありがとうございます。



今日はアプリの不具合で収録しなおしです😭

さてさて、今日は”学校では教えてもらえない「税調会議」”っていうタイトルでお送りしたいと思います。

先週が結構暗い話だったんでね、今日は教養シリーズです。

僕たちはこの時期、「税調会議」っていう会議に全勢力を注ぎます。

税調会議ってじゃあ、なんなの?って思うと思いますが、

みなさんって、日頃税金を払ってくれているじゃないですか?

例えばコンビニでの消費税だったり、所得税だったり、家に課税される固定資産税だったり

本当にいろんな税金を課せられてると思います。

で、なんで税金をこんなに取るの?ってことなんですけど

これは当然、社会を維持・アップグレードするためなんですね。

例えば、道路を作るとみんな渋滞もなくなって便利じゃないですか?

だけど、道路を作るにはお金がかかる。そのお金を払うのが「国」なんですけど、じゃあその「国」が払うだけのお金はどこから手に入れるの?

ていうと、それが税金なんですね。

みなさんが払ってくれた税金が、子供の医療費無償化だったり、ガソリンとかの価格抑制だったり、施設建てたり

こういったものの費用に当ててるんですね。

でもご存知の通り、税金て複雑だし、今の生活考えたら高いよね〜ってみんな思いますよね。

だから僕たち自民党の政治家は、この新たな税制が出る前に、議論をしてより良い税収システムに変えてます。

これがねぁ、なかなか大変なんですわ!

というのは、考えてもらったらわかるけど、誰も「税金増えてOK」って人なんていないんです。

生活考えたら、税金なんてむやみに高かったらダメでしょ!?

でも財務省からすると、税収をしっかり保たないと、日本を維持するのは難しいって考えてます。

このバランスをとりながら、税制度を考えるのが「税調会議」なんですよね。

これって年に1回しかないので、僕たちはこの会議に全力で挑みます。

なんせ年に1回しかないので、このチャンスを逃したらまた来年ってことになっちゃうし、各業界・団体から「頼むぜ!」とめちゃくちゃ期待とプレッシャーを背負わされてます。

なので、毎日休む間も無く皆様から税制要望をいただいており、大変でございます。

ただ、僕たちは政治家なので、単純に税金を安くすることに首は縦には振りません。

やっぱり将来しっかりと日本が維持していける、アップデートしていける、子供達がしっかりと次世代の日本を生きられるっていう将来ビジョンを見据えて、やらなければいけません。

だから「消費税なくせ」って言いながら「社会保障しっかりしろ」っていう声はおいおい。。。ってなります。

ここね、ほんっと学校で勉強に加えてほしい。

お金の勉強って本当に大事だから!英語喋れるように以上に大切だと思う。

これメタバース会議で英敬さん出てくれた時にも言ったね。

でこの税調会議って本当にたくさんの自民党議員が使命感を持って出てくるから、熱いんですよね!!

だから雛壇にいらっしゃる議員の先生方は取りまとめ大変なんです。

なので、発言者は熱いんだけど、端的に短くだけどしっかり要点をつく発言をしなければなりません。

ここでグダグダ言うと予選落ちしちゃいます!

本当に難しい会議です!

まぁというわけで、年に1回しかないチャンスをしっかりと獲得すべく、今日も税調会議行ってきます!


↓こんな感じ!ちゃんとやってます!


 

最後お知らせです。

動画番組「永田町メタバース会議」の編集が終わりました!

本日、自民党のYouTubeチャンネル「CafeSta」で配信されます!


ぜひアップされたらご覧ください!


ではまたね〜


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page