top of page

【毎週ひでトーク】臨時国会が始まりました!


音声配信はコチラから



おっはよーございます!川崎ひでとです。


今朝も【毎週ひでトーク】をお聴きいただきありがとうございます!


この放送では、私IT企業出身の衆議院議員川崎ひでとが、気になる政治ニュースやテクノロジーニュース、自分が思っていることなどなどをご紹介してまいります。


そして、この放送は



働きたいママたちを応援する事業支援サービス「Anymama」さんを通じて、ママさんに文字起こしをしてもらっています。


noteとブログに掲載しておりますので、そちらもご覧ください。



それではいってみましょう!



 

さあ今日はですね、


臨時国会が始まりました


というタイトルでお送りしたいと思います。



10月20日から、 臨時国会というものが始まりました。


「臨時」って言うんですけれど、 実は決まっていて、 10月から12月までの間に開かれる国会のことを言います。


どういうことをやってるかというと、


補正予算


っていうのが、大きな目玉になります。

まず補正予算をしっかりと組むということが、 この臨時国会の、 目玉になってくるわけです。


補正予算っていうのは、 もうその名の通り、 「予算を補正するための会」です。


毎年毎年ですね、 国が使う予算っていうものは、 通常国会と呼ばれる 1月から6月まで開かれている国会で決めるんですね。


ただ、コロナだったり災害だったり、 今回で言えば、 イスラエルの紛争とかね、


こうした予期せぬ出来事が起きたときには、 「当初の予算では、とてもやりくりできないよ」 というような状態に陥ります。


そのときに、 プラスで「いくら何に対して積むか」っていうことを 議論して決めていくのが、 補正予算というものになります。

こういうタイミングになると、 我々国会議員に何が起きるかというと、 いろんな地元とか業界の皆さまが、 陳情に来られるんですね。



たとえば、 「ガソリンの値段がすごく高いから、何とか補助金をください」 っていうようなご要望を受けたりとか、


あるいは、 「なかなか今人手不足な業界なので、 もうちょっと人が就職してくれるような対策を打ちたい。 だから、そのためのお金を国からも支援してくれ」 とか。



僕がまさにやっている政策で言うと、 例えば、 人口減少社会に入ってきたので、 デジタルを使って、DXでその分をしっかりと穴埋めをしたい っていう気持ちはあるけれども、


電波塔とか、 電波を発する施設やインフラが弱いから、 なかなかこのDXを実行することができないと。

だから、 「国から情報通信インフラを設備するための予算が欲しい」 とかね。 こういう要望をいろんな業界団体が 毎日、 わざわざ議員会館まで来てくれて、 要望をお伝えいただきます。

そして、 このいただいた要望を どこで政策に反映させるかというと、



これは自民党の中の


政調全体会議


っていうもので、取りまとめを行っています。

略して「政調会議」っていうふうに言うんですけれども。

政府が基本的な政策パッケージっていうものをつくって、 これでいいですかっていうものを、 自民党のほうに報告に来てくれるんですね。

これは、本当に


与党ならではのありがたみ


なんですね。


事前に政府のほうで、 「今回はこういう形で補正予算をやりたいです」っていうものを、 我々与党・自民党に提示してくれて、


それに対して、 「いやもうちょっとこここうだ」とか、 「こっちにお金集めるべきだ」 みたいな意見を言えるっていうのは、

これはもう、 与党ならではのルールだったりします。



そして、 自動車業界、造船業界、情報通信業界とか、 政治家によっていろんな得意分野があって、

業界の方々も、 それをちゃんと理解してくれているので、


「この先生にこの発言をしてもらおう」 みたいなことで、 政治家をピックアップして要望に来てくれてるというのが、 通例になっています。




で、 ここで言いたいのがですね、

実は政調会議っていうのは ほとんどの自民党の政治家が、 あらゆる業界団体からの要望を背負って参加してるので、 みんなが発言をしたいんですね。

みんなの発言を丁寧に取り上げなければいけないので、 実は発言できるチャンスっていうのは、 1回きりで、 1項目だけなんです。

さっき言ったような情報通信、自動車、造船っていう話を 3ついっぺんにできるかっていうと、 それは許されていなくて、 その中のどれかひとつをチョイスして、 発言をしなければならないということになっています。 なので、 業界団体の人たちは保険として、 たとえば自動車に関してだったら、 複数の自動車に詳しい議員・力を入れてくれている議員に 「こういうことを言ってほしい・要望してほしい」っていうのを あらかじめインプットしてるんですね。 そうすると、 もし僕がこの発言をできなかったとしても、 別の議員が自動車に関する要望を言ってくれると。

こういうような仕組みになっています。



これを知ってもらったうえで、 実は、 すごく失礼な団体っていうのもあって、


もう、これ、 本当にぶっちゃけた話ですよ。


全然日頃から応援してくれない。 ご支援してくれない。 選挙も全然やってくれない。 セミナーにも来てくれない。 国政報告会にも来てくれない。


みたいな団体ってわかるんですよ。


全然来てないなこの人たちって、 もうわかるんです。 地元なんで。


そういう団体がですね、 国に対して要望を言いたいってときだけに、 FAXだけを送ってきて、

僕にも当然電話もないですし、 秘書さんに対してもそういう電話すらもない。 そういう、業界団体もいるんですね。



僕たちっていうのは、 もちろん国の利益のために動くんで、 直接説明されてないからみたいなことで、 弾くことはしません。 一応全てに目を通して、 本当に国益になるものに関しては、 しっかりと政策で発言をします。 だけど、

このFAXだけを送ってきて、 何を言いたいかわからない…… どの部分がネックになってるのかっていうのを説明してもらえないと、 僕たちも発言が難しいっていうのが、実態です。



しかもさ、 せめて今こういうネット社会になったんだから、 10分でも15分でもいいから、 オンライン会議しませんか?みたいなことでも、 僕は全然いいんですよ。 なんですけども、 それすらもしてもらえないで、 FAX1枚ペロッと送ってきて これをよろしくお願いしますと言われても、 僕はその中身がいまいち理解できないので、 無責任な発言はできません。 ということで、 僕はその発言は正直断っています。 それは僕はやっていません。


そういうのをやりたいんだったら、 他の政治家に言ってください。 と正直に思っています。 うん。 やっぱり政治をやる側としても、 しっかりと地元の方々の真摯な気持ち、 本当にやってほしいというその願いを持って 政策を実行するので、


お互いにコミュニケーションが取れていないんだったら、 それは政策としてうまくいきません。 っていうことを加え、 この場でお伝えをしたいと思います。 もし、業界団体の方で FAXだけで終わらせてしまっている方々がいらっしゃるとすれば、 ぜひそのやり方は、 見直していただいたほうがいいんじゃないでしょうか?


多くの要望陳情がある中で、 それを叶えるためには、 お互いしっかりコミュニケーションを取ったほうがいいと思います。

というわけで、

今週の【ひでトーク】は、 「臨時国会が始まりました」 という内容で、お話をさせていただきました。


皆さま、 今日も1日はりきって参りましょう!


じゃあね!


 

最後はお知らせです。


10月31日夜8時半から、 インスタライブを行います。


僕たちが当選をさせていただいてから2周年経ちましたので、 その記念ライブとなります。


ゲストは、鈴木英敬さんそして石原雅貴さん。


3人で、いつものようにユルユルっと インスタライブをさせていただきますので、 ぜひご視聴ください。



閲覧数:13回0件のコメント

Yorumlar


bottom of page