top of page

【毎週ひでトーク】自民党の党内情報がめっちゃ取りづらくなった💢

音声配信はコチラから




皆様、おはようございます!川崎 ひでとです。




始まりました【毎週ひでトーク】を 今日も聴いていただき、ありがとうございます。




この放送は私衆議院議員 川崎 ひでとが、

気になるテクノロジーに関するニュース、

政治に関するニュース、

どーでもいい話などなどを、

勝手気ままにお話しする ゆるトーク番組です。





そして、この放送は働くママを応援する事業支援サービス

「Anymama」さんのご協力のもと、

ブログとnoteに文字起こしをしています!




それでは参りましょう。



 

今日はですね、 自民党の党内情報がめっちゃ取りづらくなったというお話を させていただこうと思います。

今回の自民党のこの派閥の騒動によってですね すごく自民党の情報というのが得づらくなったという もう怒り交じりのお話をさせていただきたいと思います。


かつて僕はですね「有隣会」といういわゆる 勉強会グループに入っていたんですね。


俗に言う「谷垣グループ」と呼ばれるグループなんですけども、 これは派閥じゃなくて勉強会グループなんです。


もう本当に有志のみんなが集まってそれぞれ講師を呼んで勉強したり、 情報交換をしたりっていうようなね、 そんなことをやっていたんですけれども、 今回のこの派閥解散騒動を受けてですね、 この有隣会グループも解散をしちゃったんですね。


解散をしました。

これ自体はもう正直、 世の中がそういう流れになってしまったので、 しゃあないなというような気持ちは半分あるんですけども、 一方でめっちゃ弊害があって、 何かというと党内の情報が本当に入ってこなくなっちゃったんですね。


自民党の中には大きく『三つのセクション』があります。


いわゆる幹事長グループと呼ばれる

幹事長トップとした「幹事長室グループ」

そして「国会対策委員会」と呼ばれる組織のグループ

そして政調会グループ「政務調査会グループ」ですね

この三つに大きくわかれていて、

それぞれで本当に重要なことを決定しているんですね。


なので、番記者と呼ばれる新聞記者は この三つのグループに大きくわかれて、 割と張り込みみたいなことをしています。

今までだとね ここにプラス派閥というものがあったんですけれども 大体今三つ大きなグループがあって、 この三つのグループでそれぞれでの決め事っていうのを 実は派閥とか勉強会グループで共有されてた というのが実態なんですね。


ところがですね今回のこの派閥解散騒動を受けて グループを解散してしまったがためにですね、 こういう情報が一切入ってこなくなってしまって、 マスコミから聞くんですよ。

川崎さん、今度こういうの立ち上がるんですけど知ってますか?」

っ、何それ。

「こうこうこうで、こう。」

あっ、そうなんだ。みたいなね。


むしろマスコミに教えてもらうので、 実は皆さんが情報をキャッチするのと 僕らが情報をキャッチするタイミングが一緒っていう、 めちゃくちゃ情けない姿が今なんですね。

普通ね、僕もNTTドコモにいたからそうだったんですけども、 対外発表する前に社内で事務連絡みたいなものが回ってきてそれを見て、 いついつ報道発表なんだとかそういうことを理解するわけです。


ところがですね、やっぱりこれは ちゃんとした情報連携するシステムが自民党にないっていうのもあるんでしょうけれども そもそも文化としてしっかりと自民党のこの国会議員の仲間たちに きちんと情報をこういうルートで落とそうという、 この道筋が全くできていなくて派閥・政策グループ頼りだったというのが 今回明らかになって今僕はここに怒りを心頭させているわけです。


情報を取りに行こうと思うと本当にね、 いろんな人に聞きに回らなきゃいけないしこれがまたね、 情報を教えてくれるグループを作ると、 また「派閥だ」みたいな話になっちゃうんで、 なかなかやりづらいんですよね。

もう本当に僕はIT議員としてですね まずは、この事務連絡みたいなものを、 自民党イントラネットみたいなものに上げる仕組みをね、 絶対考えた方がいいと思うんです。


多分過去にもあったんだけどこういうイントラネット的なものね。 ところがもう自民党の議員って入れ替わり立ち替わり激しいし すぐ役職者が変わっちゃうので、 全然運用ができてないっていうのも欠点なんだと思います。


もうねこの政治における情報をシステム化するっていうのが 本当に難しいんだというのを改めて感じました。

今回をきっかけにいろんなワーキンググループってのできているんですけども 残念ながら僕はそこにはまだ若手すぎるからなのか入れてもらえなくて、 ちょっと今、自分の中でずいぶんモヤモヤしてる状態なんですけど ちょっとこのモヤモヤした状態だと先に進めないので、 ちょっとこれから党内のそういう改革に乗り出していきたいなと思っています。


少なからず幹事長だったり政調会長だったり、 あるいは国会対策委員長だったりが決めたネタっていうのは、 マスコミから知るんじゃなくてしっかりと本人の口からとか文章で 僕たち議員が知るような そういう仕組みを作りたいなというふうに思っています。


というわけで今日はちょっと短めなんですけれども、 これからちょっと朝8時のWeb3プロジェクトチームの 会議に出なければいけないので、 ちょっとこの辺りで今日は終わりにしたいと思います。

今日は自民党の党内情報がめっちゃ取りづらくなった というお話をさせていただきました。



 

それでは今週も1週間、張り切っていきましょう。 じゃあね!


閲覧数:19回0件のコメント

Commenti


bottom of page