top of page

【毎週ひでトーク】金融教育って大事だよね!




音声配信はコチラから



おはようございます。衆議院議員の川崎 ひでとです。



今週も「毎週ひでトーク」を聞いていただき、ありがとうございます。



この配信では、私川崎ひでとの政治活動の中で気づいたことや、思ったこと、時事ネタ、ぶっちゃけ話などをお話ししてます。




そして、この音声配信は



女性・ママのチャレンジ・社会での活躍を推進。



はたらくひとの喜びが、高い生産性につながる。はたらくママも嬉しい(まかせる企業も嬉しい)事業支援サービス#AnyMaMa(エニママ)さんのご協力のもと、ブログとnoteに文字起こしをしております。





 


※この内容は、6/19(金融商品取引法が今国会見送りと判明する前)に収録いたしました。



川崎ひでと(以下、川崎):

というわけで、はい。いきなり始めます。

毎週ひでトーク、

最近、対談会にハマっていまして。

以前は、塩崎さんに「ゲノム医療推進法」を教えてもらって。



神田さん(神田潤一衆議院議員、以下神田さん):

すごいのをやるね!



川崎:

そして、小林史明さんには、「デジタル・ニッポン2023」を教えてもらって。


今日は、同期の




神田潤一さん




をお招きして、いろんなお話を聞きたいなと思います。



神田さん:

ありがとうございます。

よろしくお願いします。



川崎:

神田さんは、僕と同期なので、

日頃はね、“かんちゃん” “ひでちゃん”って呼び合ってるので、

今日も、“かんちゃん”と、いつものように

呼ばせていただきたいなと思うんですけども。

かんちゃんは、もともと政治家になる前は、

日銀にいて、そこから金融庁に出向して、

最終的にマネーフォワード。


まさに、


“金融業どっぷり”


の世界で生きてきたのかなと思うんですけれど、

何で、金融っていう世界を選んだんですか?


神田さん:

金融というか、“経済”が最初好きだったんですよね。


大学に行くときに、数学が好きだったので(文系なんだけど数学が好きで)

経済に行きたいと。


経済学部に入って、

経済の総本山はどこだろう?と思ったときに、

日銀が面白そうだなということで、日銀に入ったわけですよ。


川崎:

すごいよね。

そこでもう、総本山、日銀の門を叩こうと。



神田さん:

まあ、引っかかったっていう感じです(笑)。



川崎:

実際どうだった?


大学で学んだ経済の知識をもとに、日銀の扉を開いたら、

厳しい世界だったのか、

もっともっと複雑な金融システムがこの日本を回してるな、とか。



神田さん:

日銀は、比較的大学で勉強したことを

そのまま日銀の組織の中に入っても使っていけるというか、


大学で勉強した延長上の

“マクロ経済理論”とか、“金融政策の理論”とか、

そういうのが使える分野だなと思いながら

仕事をしていました。



川崎:

そうなんだ!


けっこうそれ、重要だよね。

わりとほら、普通の会社なんかだと、

大学で学んできたことが、いざ会社入ったら全然使えないみたいな、

そういうところもあるから。


じゃあ、そこがうまくリンクしたわけだ。

神田さん:

ただ、もちろん理論だけではなくて、


日銀は、銀行券、お札のオペレーションなど、

日本全国に行き渡らせることとかもやってるし、

経済調査とかもやってるし、

幅広い業務があるんだけれども、


それを最終的に、

金融政策とか、

経済の見方、

つまり、「これからの経済がどういうふうになっていくのか」

っていうことに統合していくところでは、


けっこう“理論”っていうのをベースに議論していることが多かったので、

おもしろかったですね。


川崎:

いや、僕は、本当に“お金の勉強”っていうのをしてこなくて、


それこそ僕らが子ども頃って、

どうやってお金持ちになればいいの? 

どうやってお金をいっぱい持てばいいの?

みたいな話のときに、


「貯金しなさい」

みたいなことをよく言われたじゃない。


だけど、

今の日本の仕組みから考えると、

貯金をしても、金利なんて0.01%みたいな話だから、

むしろお金を貯めとくことって、

お金を増やすことには繋がらなくて。


むしろお金を稼ぐためには、




「お金を使いなさい」




っていうのがベースとしてあるじゃないですか。

これを全くやってこなかったのが、この日本でしょ。

今、どういう感じになってるんですか?

日本の中では。



神田さん:

まさに今、ひでちゃんが言ったことは、そのとおりで、


我々が子どものころ、

僕の子どものころは、1970年代から80年代なので、

(ひでちゃんとは)10こぐらいちょっと違うわけだけれども、


そのころは、金利が6%とか8%とかあったんですよ。 銀行に預ければ。


普通に(金利が)あった時代で、

だからまずは銀行に預けよう。

そうすれば、とりあえずは増えていくよっていう時代だったのが、


そう言われて育って社会人になってみたら、

金利がどんどん無くなっていって、

ほぼゼロ。



川崎:

ね。0.001%みたいなね。



神田さん:

そのときは、どこにお金を振り分けようかとなったときに、

株価は下落してるし、

銀行とか金融システムもグラグラしてるし、

どこも預け先がないじゃん!みたいになって、




けっきょく、銀行に置いとくのが一番安全だね




みたいな、そういう時代が長くて。


やっぱり相対的には、銀行に預金するんだよね、

みたいな時代が、長く続いちゃったわけですよ。


ただ、そうやっていると、

銀行に置いておくだけではお金は増えていかない。


いっぽうで、

銀行がどういうところに投資するかっていうと

銀行も、やっぱり経営しなきゃならないので、


リスクをなかなか取れないで、

安全なところに投資するだけだと、

なかなかその銀行の収益も上がっていかないし、

産業の活性化、産業の活力にもなっていかない。



そういう時代が長く続いて、

さすがに「これじゃ駄目だろう」って言って、

今まさに、岸田政権がやややろうとしてるのが




「資産運用立国」

「資産所得倍増計画」




とか、そういう形で、

銀行に預けていた預金をもっと投資とかに回していって、

それが、産業の活力になっていって、

成長分野がどんどん拡大していって、


それが、またみんなの所得になって返ってくる。

金融所得、資産所得になって返ってくる。

そういう新しい好循環をつくっていこうっていうのが

まさに今、

岸田政権がやろうとしてることだと、

理解しています。



川崎:

まさに僕らなんか、国会議員っていうのは、

国会議員の年金がもう無くなっているから、


国会議員を終えて、

いざ年金をいただくような年代になったときには、

実は、年金って”国民年金”なんだよね。

厚生年金じゃなくて。



そうすると、

すごく低い額でやってかなきゃいけないから、

やっぱり資産運用っていうのを

僕らもしっかりとやらなきゃいけないと。


ただ、そうは言ってもね、

金融の勉強をしてこなかった世代だし、

なんだったら今の若い子たちも、




今のうちに、金融の勉強をしとけばいいのに。

お金の勉強しとけばいいのにな




って、すごい思うんだけど、

なかなかそこがうまく浸透していないから。


いまだにお金を貯めなさいっていうのが、

続いちゃってるのかなっていう気はするけれども。


これ、岸田政権で、

「金融教育のほうにメスを入れる」

っていうことはないんですか?



神田さん:

まさに、金融教育をやろうとしてます。

昨年1年間かけて、NISAの抜本的拡充っていう。



川崎:

はいありましたね新NISAね。 これ来年の4月からか。



神田さん:

そうですね。


そのNISAが、来年の春から拡充されていくときに、

「少額の投資に対する税制の優遇」

っていうことなんだけれども、


まさに




“貯蓄から投資へ”という流れを

大きく作っていきましょう




っていうのが主眼で、


それは、どちらかというと初心者が、

これまで投資をやったことがない人が、

まず入口としてNISAをやりましょう、と。


それでもかなりの金額になって、

まじめにちゃんと取り組んだら、

最大で1800万円とか試算ができるような、

そういう枠組みに、大幅に拡充されたので、

それだけでもかなりの投資になっていくんだけれども、


投資をしていくにあたって、

それはあくまでも入口なので、

そんなにリスクも多くないし、リターンも高くないと。

比較的安全な資産で運用していきます、と。

それでも、ちゃんと積み立てて、

長期でやってくと伸びてくと思うんだけど。



川崎:

相当伸びるよね。

それこそ、ただただ預金するよりは、断然!

っていう世界になると。



神田さん:

そうなんですよ。


ただ、それだけでとどまるのではなくて、

「それぞれのリスクをどのぐらいリスク取りたいか」とか、

「どういう産業に興味があるのか」とか、



若い人と、比較的高年齢な人とでは、

“奨励する運用の仕方”っていうのも変わってくる面があるので、


やはり、

自分の生活スタイル、

自分の生活の計画や人生設計に合わせて

どういう投資がいいのかっていうのを教育をして、


それを理解した上で、

「自分にはNISAじゃなくて、もうちょっとこっちの方がやりたい」とか、

「iDeCoにもう少し資金をつけたい」とか、


そういう判断ができるようになっていくための教育をやろう、と。



岸田政権は今年、

まさにやろうとしています。



川崎:

これ大きな目玉ですよね!



神田さん:

そうなんです。


まさに、ここの通常国会で、

金融商品取引法が一部改正されて、

そこに




「金融経済教育推進機構」




っていう、新しい金融教育の組織をつくって、


そこで

「金融教育を抜本的にやっていきましょう」

っていう話が盛り込まれていて。



川崎:

そうなんですね!

これ、かなり夢がある話。


神田さん:

そうです。

まさに岸田政権が、資産所得倍増とか言っていて、

どんどん投資しろよって言ってるだけじゃなくて、




“金融リテラシー”、

投資をするベースになる皆さんの

金融の知識・経済の知識も高めていきましょう




というのが、

この国会で、この法律に盛り込まれたということですね。


川崎:

いや、ほらアベノミクスあったじゃないですか。


あれって、

実は、しっかり経済的には成長していて、

株価も上がってっていうなかで、


実はアベノミクスの恩恵を受けたのは、

投資家の皆さんだったじゃないですか。


だけどやっぱり日本トータルで見ると、

投資をやってる方が圧倒的に少ないから、

「アベノミクスは失敗だ」

みたいなことを言う方々も多い世の中、


実は、みんなこの金融教育を事前にやっていて、

ちゃんと投資やお金の運用方法とか決めたうえで

アベノミクスが起きたら、

また、もっと違った未来があったんだろうなって。



神田さん:

まさにそうですね。

アベノミクスのときに株価が上がっていって、

そこに投資してた人だけが恩恵を受けて、


貧富の差が広がった。

たくさん格差が広がった。

っていう批判があって。


でもそれは、

みんながやってればみんな裕福になっていた。 っていう話で、


やっぱりそこで、

「みんながちゃんと投資をしましょう」っていう、

そういう制度にできていなかったこと、

そういう教育ができていなかったことで、

格差が広がった


っていうことになってるので、

まさにそれを今、是正しようとしている

っていうことだと思っています。


川崎:

僕も今ね、

オンラインで、お金の教育っていって、

お金の塾を受けてるんですよ。

毎週1時間、先生とマンツーマンで。



たとえば、

それこそNISAのお話とか、年金のお話とか。

その勉強をするんですよ。


そうすると、

「何でこれ、もっと早くやってこなかったんだろう」

という後悔もあるんだけど、

今ちょっと、おもしろいですよ。

こういう知識を持っておくと。


あの、職業を偽って、受けてますけどね。



神田さん:

職業偽ってるんだ(笑)。

ここで言っちゃっていいの?



川崎: 政治家って言って、

「へ、そんなのも知らないんですか?」

って言われることが怖いから、

職業を言っていない。



神田さん:

え、ここで言っちゃダメなんじゃないの?(笑)



川崎:

多分バレてないと思います。


いや~、楽しいお話が聞けました。

これね、大体10分くらいでトークを回しているんですけれど、

もうすでにね、10分以上お話いただきました。

ありがとうございます。

神田さん:

あっという間ですね。



川崎:

もっともっとお話聞きたいなという気持ちもあるので、

また次回、機会があれば、

ぜひ出てほしいなと思います。



神田さん:

僕でよければいつでも。



川崎:

よろしくお願いします。


かんちゃんも、

音声メディア配信、やった方がいいんじゃないの?

いっぱい僕より喋ることがあるでしょう!



神田さん:

あ~、ちょっと手いっぱいかも。

でも、そのうちやるかもしれないので、

ぜひまた教えてください。

川崎:

そうですね。

まずはYouTubeの『CafeSta』と『メタバース会議』を

ぜひ一緒に、またやっていきたいなと思います。



神田さん:

『ジミ新さん、いらっしゃい!』も、僕はやっているので。



川崎:

あれ、いつ呼んでくれるの?



神田さん:

ハハハハ(笑)



川崎:

いつか出れるように頑張りますので、

そのときは、よろしくお願いします。


というわけで、今日の日でトークは、

神田潤一さんをお迎えしてお送りいたしました。

皆さん、聴いてくださりありがとうございました!



神田さん:

ありがとうございます。


 


最後はお知らせです。



僕が運営している自民党オンラインサロン”LDPmie2”では、インスタの画像の解説や、みんなと一緒に国政報告会の企画をしたり、このスタエフの限定配信なんかもしてます!



参加資格は、僕の自民党員になっていただくことです。

年会費4,000円かかりますけれど、僕に毎月牛丼1杯奢ってると思って加入してください!



詳しくは僕のHPをご覧ください。



それでは今週も張り切っていきましょう!


閲覧数:19回0件のコメント
bottom of page