top of page

【毎週ひでトーク】匂い×NFT体験しました!

音声配信はコチラから



おはようございます。衆議院議員の川崎 ひでとです。



今週も「毎週ひでトーク」を聞いていただき、ありがとうございます。



この配信では、私川崎ひでとの政治活動の中で気づいたことや、思ったこと、時事ネタ、ぶっちゃけ話などをお話ししてます。




そして、この音声配信は



女性・ママのチャレンジ・社会での活躍を推進。



はたらくひとの喜びが、高い生産性につながる。はたらくママも嬉しい(まかせる企業も嬉しい)事業支援サービス#AnyMaMa(エニママ)さんのご協力のもと、ブログとnoteに文字起こしをしております。


 

さあ、さあ、今日から5月の3日


ゴールデンウィークの始まり!

でございます!


もう既に、工場とかで勤務されてる方は、

1日2日休みなので、長いゴールデンウィークの後半に突入した方々も、いらっしゃるかもしれませんが、

世の中大体の方は、


今日からゴールデンウィーク!!


ということになっていると思います。



今年のゴールデンウィークは、去年に比べてコロナによる規制っていうものがないので、

結構移動とかされる方が多いんじゃないかなと思います。



一部の議員さんなんかは、海外視察に行ってたりとか、結構活発に動かれてる方もいますね。




こと、「私」に関してはですね、


地元三重県でちょこちょこイベントに出ながら、

たまには子供たちと映画見に行けるかな


なんてことを考えていますけれども、


皆様も楽しいゴールデンウィークを過ごしてほしいな!


と思います。






さあ、そんなわけで、今日は


「匂いのNFT」


というものについてお話をしようと思います。

    


インスタのリールを見てくれた方はご存知かもしれませんが、

実はこの間、同期のWeb3チームのメンバーである神田潤一さんの紹介で、

Horizon社っていうところの「匂いのNFT」というものを体験してきました。




いわゆる【匂いのデジタル化】ですね。



??においって、デジタル化できるの??



多分すごいクエスチョンマーク飛んでる方が、いらっしゃるかもしれませんね。


どういうものかというと、

ディフューザーっていう匂いが噴出される機械があって、

その中には6種類のカートリッジが入ってるんですね。



プリンターをイメージしてもらえればいいかと思うんですけど、


色の代わりに匂いが入ってるっていうふうに思っていただければと思います。



そのときは、6種類くらいの匂いのカートリッジが入っていて、


この6種類を絶妙に配合して、いろんな匂いを出すというような仕組みなんです。




聞いてみたら、



世の中は、20種類の匂いを組み合わせることで、もうほぼほぼ全ての匂いを再現できる



らしいです。


なので、この6種類の匂いを組み合わせても、



かなりいろんな匂いが出せるというものなんです。




これをどういう風に使うか


っていうところがポイントですね。


一昔前は、音楽っていうと、CDを買いに行くとかっていうのをやっていたかと思います。



それが今の世の中では、音楽データをダウンロードするっていう、

そういうことをやってる方々のほうが、ほとんど主流になったんじゃないかなと思うんですが、



臭いに関しても、実物を買うんではなくて、




実物のにおいの、データを買う



っていう方向に進むと、いうことになっています。




例えば、Calvin Klein(カルバン・クライン)のあのCK-oneってあの有名な香水の匂いのルームフレグランス、


これが欲しいと思った場合は、今だと


例えばドンキに買いに行くとか、

Amazonで発注するみたいなことで、


実際瓶に入った匂いの元が来るわけですけれども、




これをデジタルデータで、CK-oneの匂いっていうものを買って、

Bluetoothでこのディフューザーにセットすると


ディフューザーからCK-one匂いがする

というようなものになってます。




これで何ができるかというと、


例えば、


今、VRゴーグルでバーチャルワールド、メタバースの世界なんかありますけれども、


あれをもっとリアルに感じさせる。




僕が体験したのは、芝生の匂い、草刈ったときの市緑の何て言うの絶妙な匂い。

あれを経験しました。



僕はVRゴーグルでゴルフなんかもやるんですけれども、


シミュレーションゴルフ、バーチャルゴルフ

これに匂いを足すことができると。



あるいは、


例えば映画館なんかで、『007』のあの映画に、

例えばタイヤが焦げる臭いとか、こうしたものを付け足すこともできるので、



よりリアルな臨場感を得ることもできます


と。



そういう使い方ができると思いますし、あとはこのHorizonっていう会社でやられてるようなのは、

例えば


アーティストさんがプロデュースした香水みたいなもののデジタルデータ。


こういうものを販売できる、っていうところがあるんですよね。




課題は、

例えばアーティストさんが作った、あるいはタレントさんがプロデュースした香水とかっていうものって、


実はその著作権というか、

調合権っていうのかな、


そういうものがないんですね。


匂いって、言ってみれば化学式の組み合わせになってるんです。




そもそも化学式っていうもの自体に著作権なんかないですし、

例えば、化学式が数字は1つずれたくらいでは、もう別に人間の感覚としては同じ匂いなんですよ。


なので、これが唯一無二のものだっていうことが証明できない。

というのが、今の法律のたてつけなんですね。



言ってみれば、ここに誰々さんというタレントさんが作ったものですっていう、NFTとかを全て組み合わせれば、


この匂いのNFTは、間違いなくタレントの誰々さんがプロデュースした匂いですよってのが証明できる。



というようなことになります。


なので、このHorizon社さんは、こういうNFTブロックチェーンの仕組みをうまく使って


今みたいなものに対して、その調合権というか著作権というか、

こうしたものを組み合わせでないかなっていうことで、

我々Web3チームのもとに相談にきた、というところが始まりでした。




本当に、めちゃくちゃ面白い体験だな!


と思ったし、




僕もね、ちょっとぜひ買いたいなと思って。


ただね、結構高いんですよ、機械が...


その6種類くらいのちっちゃいやつでも10万ぐらいするって言ったかな。


匂いもどれくらいもつって言ってたかな。

あんまりそのカートリッジ使いまくってたら、当然持たなくなっちゃうので。




コスパっていうところでは、まだ全然手軽に手に入れられるものではないとは思うんですけれども。


デジタル最先端議員を目指してる私としては、もう先行投資でも買おうかな


でもなんか

奥さんに怒られそうだな...笑



みたいなそんな葛藤しながら、考えております。





ぜひ、皆様もどっかで体験してもらいたいなってのがめちゃくちゃ感じてます。


少しでも体験の雰囲気が味わえたらなと思って、インスタのリールの方に、そのときの模様を動画でアップしてますので、


ぜひインスタ見ていただければ!と思います。



ついでに、フォローもよろしくお願いします。



徐々に最近はお陰様で、フォローしてくれる方々も増えて、


僕そんな議員の中でフォロワー数多いわけではないですけれども、


もうすぐ1500行くのかな♪



なんていうのを、ちょっとニタニタしながら見てますので、これを聞かれた方は、


ぜひフォローしてほしいなと思います。





さあそんなわけで、今日は「匂いのNFT」についてお話をさせてもらいました。


ちなみにこの本編は、実は携帯で直で撮ってるんじゃなくて、


「コンデンサーマイク」


をちょっと使ってやってみました。




実は前の選挙のときに、


もうYouTubeやろうかな


と思って、マイクを買って、そのままYouTubeデビューをすることなくずっと眠ってたマイクだったので、


ちょっとこれを機に呼び起こしてみました。




音声の質はどうでしょうか?


僕もまだ、試し聞き全くしてないので、

今日、このリリースが終わった後に、僕も聞いてみたいと思います。




さあ、それでは皆様、


素晴らしいゴールデンウィーク、素敵なゴールデンウィークをお過ごしください!



 

最後はお知らせです。



僕が運営している自民党オンラインサロン”LDPmie2”では、インスタの画像の解説や、みんなと一緒に国政報告会の企画をしたり、このスタエフの限定配信なんかもしてます!



参加資格は、僕の自民党員になっていただくことです。

年会費4,000円かかりますけれど、僕に毎月牛丼1杯奢ってると思って加入してください!



詳しくは僕のHPをご覧ください。 https://www.kawasakihideto.com


閲覧数:20回0件のコメント

コメント


bottom of page